アップした動画のアフターケアをした話。

ぎょP のMAD, ニコニコ動画MAD作成風景, ぎょPの独り言, ニコマス

ありがたいことに、2ヶ月前に上げたMAD動画が7万再生を超えました。

実は、この動画を上げてからこれまで、普段とは違ったアプローチを試していたので、その経過なんかを綴っていきます。
あ、NRRRとか聞いたことある人は知っていると思いますが、わたくしぎょPは、どちらかというと再生数とかの数字が大好きなんですけど、今回はそういった方向のお話です。

さて、この動画自体は、先日参加させていただいた流星群合作をきっかけに、動画熱が再燃したことから作りました。

流星群合作の方は、先に上げる日時が決まっていたので、せっかくだからどっちもの宣伝を兼ねて、ほぼ同時期に上げることにしました。
個人的には、流星群合作の方がニコニコ的に伸びるだろうとは思っていたものの、U.S.A.だって時事ネタだし、いい勝負できるんじゃね?と淡い期待をしていたんですが、結果、想定より初動の伸びが鈍く、流星群合作に大きな差を付けられました。

ある程度動画を上げたことがあるニコマスP又はうp主の方なら分かると思いますけど、基本的に、アップ直後の初動が最も伸びがよく、それが収まってしまうと、その後に再び伸びることは本当に稀で、初動ですべてが決まると言っても過言ではありません。
ウン年前のニコマス全盛の頃は、ランキングに載せる手法として、デイリーランキングがリセットされる午前5時直後を目掛けてアップしたり、週マスの集計開始曜日に合わせてアップしたりといったことも、割りと当たり前のこととして認知されていたように思います。

そんな訳で、初動で勢いに乗り切れなかったものの、まぁでも1万再生くらいは何とか行きそうだからいいかーと思っていました。

ところが、アップして1週間後くらいに謎のブーストが掛かり、初動以上の伸びを見せたのです。
たぶん、他のU.S.A.MAD動画か、テレビで本家さんに何かしらの露出があったのかなーと思います。

そこから、「もしかして、もうちょっと頑張ったら、もっと差が縮められるんじゃね?」という欲が出て、タイトルの「アフターケア」をしようと決心しました。

そのアフターケアとは、「無料の広告チケットを自分の動画に入れまくる」というものです。
私は、プレミアム継続11年目に突入した重度のニコ厨なので、ほぼ毎日、ニコニコ動画にログインしてるんですけど、結構頻繁に、無料のニコニ広告のチケットが配布されるんです。
そのチケットを、ほぼすべて自分の動画に入れました。

はい、この「わた春香」さんは、ぎょPです。
最初の頃は、表示されている5位以内には届きもしない状態でしたが、さすがに1ヶ月以上も経つと誰も広告しなくなるんで、ひたすらこの2ヶ月、広告を入れ続けた結果、先週辺りで1位になってしまいましたw
自分の動画の広告トップとかちょっと><

正直、広告によってどれほど変わるものなのか、具体的に証明する術はありませんが、それなりの効果はあったと思っています。
今回に限って言えば、まったく関係のない動画を探しているときに広告として出てきたとしても、選曲自体に集客力があるんで、一層効果が出やすかったのではと思います。
世間的又はニコニコ的にマイナーな曲だったら、難しかったかな。

さて、このタイミングでこんな記事を上げたのは、次に示す表を見せたかったからです。


 > データ出典:ニコチャート

これは、縦軸が「再生数」、横軸が「アップロードしてからの経過日数」で、オレンジの線が流星群合作、青色の線がU.S.A.の再生数の推移を表しています。

初動で大きくを水を開けられ、最大で47,000再生くらいまで差がついていたんですが(6日目辺りで、56,000 vs 9,000)、謎のブーストが2回ほど掛かり+継続的な広告で伸び率を維持し、遂に再生数で追いつくところまで辿り着きました。
やったぜ。

ま、本当に広告の効果があったのかは謎ですが、こういう楽しみ方もあるよってことで。