ほぼ自分用制作メモ(1)

ぎょP のMADMAD作成風景, MAD制作工程(1)

作成風景とか言いながら、最近は、新作の言い訳やらネタ補完の場になっている気がします。
ふと初回のエントリを見ると

自分のメモ代わりが主目的ですが、他の方の参考になるかもしれないので、恥ずかしながら作成の流れなんかを書き留めようと思います。

俺はもっと恥ずかしがるべき。

そこで、初心に戻って、製作工程なんかを自分のメモから晒していこうかな、と。
ちょうどガチ系の新作を作ろうと思っていたので、それについて書いていきます。
ネタ系だとあんま参考になりそうもないんでw

曲とか細かいところまで書きませんが、その辺は完成したときのお楽しみってことでひとつ。
期待して待っている人がいるかどうかは疑問なところですがw

出演予定:亜美真美(このくらいはネタバレじゃないよね)

曲:ヒ・ミ・ツ

ニコマスの場合、基本的には「曲」ありきだと思います。
この歌をアイドルに歌ってもらいたーいというところが出発点かと。
逆に、このアイドルを輝かせるにはこの曲だ!という選び方もあります。
今回は、「亜美真美をプロデュースしたい」ってのと「この曲好きなんだよねー」ってのが、ちょうど一致した感じです。

素材曲が決まって私が最初にやるのは「BPMの計測」です。
BPMとは、いわゆるテンポ、曲の速さですね。

私は、BPM Analyzer を愛用しています。
必ずしも正確な値は出ませんが、最終的には自分の目と耳とリズム感で合わせるので、あくまで目安です。

今回の素材曲のBPMは「109.7」でした。
アイマス素材のBPMについては、ニコマスPの知恵袋Wiki – アイマスBPM に一覧表があります。

ここを見ると、素材曲は「蒼い鳥(105)」よりちょっと速いバラード系?になりそうなんですが、実際にはアップテンポなのです。
こういう場合は、「109.7」の他に2倍した「220」くらいも目安に入れます。

「蒼い鳥(105)」のダンスを少し速くすれば素材曲に合うんでしょうが、アップテンポの曲とバラードのダンスでは違和感がありそう。
「109.7」に近いものだと「太陽のジェラシー(128)」「まっすぐ(122)」あたりですが、ダンスを遅くしないとならないため、これもアップテンポな曲には合わなそう。

そうすると、「220」を基準にして「GO MY WAY!!(180)」「エージェント夜を往く(178)」「shiny smile(170)」あたりを早回しすれば、スピード感も出て合いそうです。
というわけで、ベースとなるダンスはこの3曲に決定。
仮組みするため、カメラをLONGで固定したPVを撮ります。
LONGにするのは、全身が映った振り付けが見たいからです。

さて、もう1つ曲が決まってやっていること。
それは、「曲の長さの調整」です。

普通の楽曲だと、大体フルバージョンで4~5分前後の長さになるでしょうか。
実は、曲が長いとかなり大変なんです。
なぜなら、アイマスのダンスはすべて1曲2分ちょっとしかないから。
1曲そのまま使えるわけじゃないし、同じ振りが続いたりすると使い回している感じを与えちゃいそう。
ダンスの素材が変わると印象も違ってくるので、その辺も難しいです。

あと、飽きさせずに最後まで見せることを考えると、かなり色々凝った演出を繋げていかないと、4分以上も見てくれる人を繋ぎ止めることは難しいです。
1日に100本以上うpされるニコマス動画を全部じゃないにしろ見ていくためには、ある程度作品を取捨選択することになります。
後半に怒濤の展開を持って行ったとしても、最初の2分で「←戻る」されちゃうなんて勿体ないですよね。

もう1つ、フルバージョンだと権利者削除の対象になりやすいようです。
元々、グレーどころか真っ黒なMADなんですが、多少なりとも消されないようにしたいものです。

なので、私は、よっぽどのことがなければ、素材曲を2分程度に短くします。
・・・まぁ、単純に短い方がラクできるってのが多分にあるんですけどねw

今回の素材曲の長さは「3分24秒」で、構成を大雑把に書くと

前奏
1番
間奏1
2番
間奏2
サビだけ

こんな感じ。
これを、Audacity を使って「間奏1~2番」を切り取り

前奏
1番
間奏2
サビだけ

こうしました。
これで、「2分7秒」になりました。
ちょうどいいくらいですね。

長くなってきたので、今日はこの辺で。