Micro J/kg・K

熱しやすく冷めやすいひと

メニュー

2013年上半期を振り返る。

と見せかけて自分語り。

書いてるうちに一部どんどん感想からかけ離れてしまったので、今回は趣向を変えてみました。

 


殿おおおぉぉぉぉぉぉ!!!
某ニコ生では定番だったらしいですが、深夜テンションもあってツボに入りました。
元ネタも見たくなる一品。

 


らんま懐かしいなー。
原作やアニメを見返したくなるMAD動画っていいですね。

 


えびP
シラカワさんがやってたUstで、作りたいと思ってる曲いろいろ流すーという中にこれがあって、そのときに初めてこの原曲のPV見たんですが、こりゃまた大変そうだなぁと思っていたらえびちゃんが作っていたという。
狭い界隈だわね。

 


まちぼんP
これが紹介したかっただけだよシリーズ。
ようこんなこと思いつきますなぁ。

 


なかよしP
残念ながら私の動画を10時間見てもそこまで参考にならないかとは思いますが、一般的に人の動画からいい部分を取り入れるのはよいことだと思います。
私の経験として、ひたすら作り続けていればいつの間にか上手くなっていきますし、その中で、他の色々な動画からエッセンスをもらっていると自分の幅も広がると思います。
そして、作り続けていくことはやはり大変なことですので、いろんなことに折り合いをつけつつ、うまいことモチベを維持しつつ、最終的には自分が楽しんで作れたら結果はついてくるんじゃなかろうかと、何だか偉そうな感じですがそう思います。
モチベ維持の方法なんかは、近いうちに某所に提出した原稿にたっぷり書き殴ってしまったので、そのときにまたお話することになりそうです。

 


今年一番繰り返し見た動画かもしれないw
格ゲーに関しては完全な見る専で、zabac神にはいつもお世話になっております。
もうすぐEVO2013なので楽しみですねー。
あと、独眼コーディーとオボロビクトルも応援しております。
あと、北斗のDAICHIさんの実況好きです。
ミーハーなんで、QMZさんが無双してる動画とか、鉄さんがフォルテでウルコン決めまくって叫んでる動画とか定期的に見たくなります。
なんかもういろいろ混ざっていますね。

 


吊さん
ニコマスやってて何が一番広がったかって、そらもう交友関係は以前に比べてもの凄く広がったんですけど、今まで知らなかった音楽に出会えたということも私にとって大きいことでした。
私自身、それまであまり幅広く音楽を聞いて来なかったという面もありますが。
○○汚すなとかこんなん合わねーとか、まぁ今でもあるし昔の方が激しかった気もしますが、それでもやっぱり、ニコマスMADがなければ出会えなかったのは確かです。
音楽はいいですなぁ。
リリンの生み出したなんちゃらかんちゃら。

 


艦長P
ここ最近の私の動画は、艦長さんだったり蜂さんだったりpotechiさんだったりのエッセンスをパク…もとい吸収してカットを切ったりしてるんですが、改めてこうして見ると、いやーこんなダンスの使い方すんのかよーと、何と言うかワケがわからなくなりますね。
たまにシンクロ系ってことでさっき挙げた名前を並べたりするんですが(好きなP並べてるだけなんですが)、それぞれ全然違う感覚や絵作りをしてて面白いなぁと思いまます。
なんか他人事みたいですが。
技術的にめんどくさいことをさらっと嫌味なくやりつつダンスチョイスがそれぞれ個性的なpotechiさん艦長さん、オサレでうさんくさいパーツを散りばめつつダンスもカットワークもやはり独特な蜂さん、えーと私は…めんどくさがりで飽きっぽい?
この人らと比べると明確な武器がありませんね^^;
このメンツで同じ曲を一斉に作ったらどんなものが出来るのか、似たものが出来るのか全然違うものが出来るのか、みたいな企画を考えたことがあるんですが、完全に私の自己満足でしかないのでやりません、ってかできません。

 


自作1。
これのお陰でいろいろと自分の枠が広がったこともあり、とても思い入れの強い動画になりました。
アプガちゃんで他にも作りたい曲はいくつかあるんですが、思いつく絵に対して自分のスキルが追い付いていない部分が多々あって、なかなか踏み出せない現状にあります。
それと、ここ最近、集中して画面を見続けると偏頭痛が起こりやすくなり、短めの期間にがっつりまとめて一気に作るという私なりの制作ペースが取りづらく、体調を見ながら少しずつ進めるような形になっています。
今作っているものがいつ完成するかまだ分かりませんが、長い目で見てもらえると幸いです。

 


自作2。
かなり気合い入れて作ったんですが、思ったほど伸ばせなくて残念。
やはりこういう曲調は私にとって難しいなぁと思いました。
技量のなさが浮き彫りになってしまいますね。
まぁしかし、エミネムさんのところでも書きましたが、こういうのの積み重ねが次に繋がると信じて作り続けていきたい所存です。

 


自作3。
有頂天LOVEの二番目のどぜうを狙いに行ったワケですが、これもあまり伸ばせなくて残念です。
このご時世でここまで回してもらっているので贅沢と言えば贅沢なんですが、確かに客観的に後から見ると、足りない部分がまだまだあるなぁと。
ここ最近、期待に応えてオールスター!というパターンが多かったせいか、トリオだとなんだか絵作りが単調になってしまったように感じます。
オールスターってね、そら素材撮るのは大変なんですけど、基本的に順番にみんなを映していけばいいんで、カメラとかそれほど悩まないでいいから楽なんですよ(個人差があります)
既に決まっているフォーメーションやアングルから、いかにして新鮮な絵を作るかっていう勝負な部分もあると勝手に思っているんで、私にとっては、出演アイドルが少なければ少ないほど制作難易度は高くなるイメージがあります。
あ、抜いて背景作ったりするのは専門外なので^^;

 


自作4。
カクテルに出したやつ。
今までのカクテルでは、奇をてらおうとして結局上手くいってなかったという反省があったので、今回は開き直って、とことん正統派で行ってやろうと思ったのが結果的によかったかなーと思っています。
普段使わないコミュ部分を使えたのが嬉しかったり。
進化してるわー6年目だけど俺まだ進化してるわー。
スローが使えるようになったり、緩急が使えるようになったり、コミュが使えるようになったり、他の人なら最初からあるいはすぐに通り過ぎるようなことで何を今更とは思いますが、本人が楽しんでいるので生暖かく見守っていただければ幸いです。
デュオってステージ上のキャラ同士の距離が空き過ぎて苦手なんですけど、今回はあまりその辺を感じさせないように作れたと思います。
特にLONGカメラで顕著ですけど、あえてトリオにして1人画面外に追いやったりしてます。

関連記事

  1. 2009.03.17

    懐古。

コメントをお待ちしております