ぱふゅますメドレーについてつらつらと(3)

ぎょP のMADMAD作成風景, ニコマス

では、第3回目。

世間はシャイニーフェスタ発売に沸いていますが、間が空くと書く意欲がなくなるので、ひたすらキーボードを打ってスクショを撮りますw

 

Baby cruising Loveは、映画「モテキ」の本人登場シーン再現風+ともPリスペクトです。

ともさんのトリオだと覚醒美希ですが、この木なんの木ステージ+白衣装にしたかったので2素材の金髪美希になりました。

こうやって見ると、なんとなく主演の森山未來さんが赤羽根Pに見えてくる…?w

 

不自然なガールは、翼さんリスペクト。

翼さんといえばプロジェクトフェアリー!ということで、これまたBPMがかなり早めのオーバーマスターを強引に使っています。

ダンスがかっこいい系で白Vi.衣装なので、色が映えるようにステージは暗くしてみました。

 

ねぇは、エコノミーさんリスペクト。

このパートでは、原曲ダンス再現風を行っています。

フル版PVの最後のサビ、ねぇと呼び掛ける→3人が回ってポジションチェンジ→1人ずつ顔に手を当てるという具合です。

サブリミナルでばぁを入れようか迷いましたが、ちゃんと我慢できました。

 

ワンルーム・ディスコは、魔汁さんリスペクト。

といっても、ステージ再現は私には到底無理なのでトリオのメンバーだけ。
衣装は白系がずっと続いてしまうので曲調に合わせ、ステージも同様に室内にしました。

 

edgeは、クセが強いI wantのダンスが上手くハマってくれて、割とお気に入りの部分です。

MY COLORは、コメントなどでもかなり好評なようで、曲に合わせたふんわり系色調とでしょう?のかわいらしいダンスが合わさって最強に見える…気がします。

レーザービームの後半部分、細かいカットが連続するところは、スモスリの前奏でタイトルロゴが出てくるダンスを使いたかったんですが、トリオの状態でロゴを画面外に追いやるとカメラにほとんど自由がなくなってしまうため、泣く泣く主題歌2nd-mixの他の部分からダンスを調達してきました。
タイトルロゴ消し機能早よぅ…;;

 

エレクトロ・ワールドは、mmtsgzkwysさん&ulaPリスペクトです。

うにうにえいっえいっは入れないと始まらんでしょうw

そこへ繋げる矢印からのReady?部分は、申し訳程度のアニマス要素。

画面切り替えに使うため、AEのシェイプレイヤーで矢印再現を作りました。

普段こういうことやらないんで、一番時間が掛かった部分かもしれませんw

 

最初の方に書き忘れてしまいましたが、ナチュラルに恋して(1分40秒~)の17歳トリオはベタ塗りさんリスペクトです。

それに加えて、当初は、ベタ塗りさん主催で今年4月にうpされたPerfumeM@sterFestival Bitter&Sweetに絡めて、ぱふゅますメドレー第3弾!?合作!?みたいな煽りCMを作ろうと思い、根回しまで終えていたんですが…

完成したらすぐ上げたくなっちゃったのと、字幕を使った煽りCMみたいな動画を作るのが苦手で面倒だったので、結局、そのまま普通に上げましたw

 

というわけで、本編部分はこの辺まで。

次回は最終回、この動画を作るきっかけなんかを書こうと思います。