Micro J/kg・K

熱しやすく冷めやすいひと

メニュー

ブランク。

箱○購入から約10日ほど、L4Uはそこそこ、バイオショックはがっつりとやっていましたが、これまで(中身のあるなしにかかわらずw)コンスタントにMADを作っていたせいか、ちょっと間が空いただけで何から手を付けていいのやら分からない自分がいます。

いちお、作ろうかなぁと思っているのは10曲くらいありますが、まだL4Uしかないんで、致命的に素材(衣装)が足りないものが多い気がします。
とりあえず、初めての素材自給MADを作成すべく、L4Uで事足りるものからやっていこうかしら。

よし、3曲まとめて作ってみよう。
うん、がんばってみよう。
自撮りできる喜びを表現するんだ!

以下、おまけ。

ちなみに、バイオショックの方ですが、1周目:ストーリーに引き込まれぐいぐいダッシュでクリア、2周目:実績集め+ストーリー堪能にくまなくマップを回ってクリア、と2周終わりました。
実績の残りは、「ハードでクリア」「発明100回」「スロットで大当たり」の3つで、合計940まで来ました。
発明とスロットはラスボス前のデータから達成できるとして、そのうちハードでもう1周しようかな。

いやはや、ものっそ面白かったです。
そして、ものっそ怖かったですw

このゲームを知ったのは、ニコニコでテクテクさんの動画(PC版)を見たからです。

このときは、ゲームの独特の雰囲気と、テクテクさんの上手さ+時折挟むネタの面白さに興味を惹かれて見続けていました。
思いっ切りネタバレしてたはずなんですが、飛び飛びで見てたせいか、ストーリー的な内容は殆ど覚えていませんでしたねw

凄くよく考えられたストーリーと、他のFPS(一人称視点シューティング)に比べて比較的難易度が低めなことも相まって、FPS駆け出しの私も大いに楽しめました。
マジ、お勧め。

普通、ストーリー物だと、1周してネタが分かると2周目以降はつまらなくなりがちですが、この作品は、なんとオープニングムービーやら導入部分などから伏線貼られまくりで(最初は全く気づかないが)、より深くストーリーを理解したり、おぉここも伏線だったのかぁと新たな発見をしたりと、2周目以降も飽きさせません。

難易度自体は、主人公の特殊能力の強力さ+弾薬とか金が余るほど手に入ることから、初心者でも普通にクリアできるレベルだと思います。
初心者が言うんだから、間違いないw

洋ゲーらしく、マニュアルは本当に簡素ですがw、操作は慣れが必要ですので、特に不足を感じることもありませんでしたね。
画面上にもたくさん操作方法が出てくれましたし。

さて、散々お勧めしてるワケですが、基本的に、私はホラー系が苦手ですw
夜中にヘッドホンで1人でやってると、ちょっとした物音や音楽の変化、敵の出す声や音に背中をゾクゾクさせられました。
急に背後に立つとか起き上がるとか、マジ勘弁して下さい。

昨年の Game of the Year にたくさんエントリーされて受賞もした「バイオショック」
未プレイの方は、ぜひ体験してみて下さい。

あ、怖いのホントにダメな人はやめた方がいいかな?w

関連記事

  1. 2008.11.30

    まさかの!
  2. 2009.12.08

    新作うp!

コメントをお待ちしております