Micro J/kg・K

熱しやすく冷めやすいひと

メニュー

爆熱!8800GT!(笑・・・いごとじゃないw)

少し前にPCを新調して、いろいろ設定とかに手間取っていました。

現在の主要スペックは、概ねこんな感じ。

  • CPU:Core2Duo 2.66GHz E6750
  • メモリ:2GB
  • GPU:NVIDIA GeForce 8800GT
  • 以下略

まぁ、一言で片付けてしまうと、ゲーム用パソコンってことですねw

それなりの値段で高スペックが期待できたので、「こりゃぁイイ!」と思って購入に踏み切ったワケですが、冷静に情報を収集してみると、どうもグラボ(GPU)の発熱量が危険らしい。

8800系の第2世代で低電力・低発熱がウリとなる、前評判の非常に高かった一品なのですが、問題はその形状。
というかクーラー。

最近の高性能グラボは、高発熱になることから、スロットを2つ分専有するでっかいクーラーが付属してるのが一般的なんですが、コイツはスロット1つ分の小さめのクーラーしか付いていない模様。
実際に、純正の温度計測ツールで測ってみると、アイドル時50℃前後、高負荷時90℃オーバーというヒドすぐる高熱w

さすがに、なんとかせねばーと思っていろいろ調べたんですが、みんなクーラー付け替えとかすげーことやってるのね・・・
壊しちゃいそう・・・なチキンはワタシは、とてもそこまで踏み切れそうにありません。

それなら、既存の状態からなんとかするしかない!ってことで、マニュアルをよく読んでみると、どうやらGPUの温度計測とファンスピードのコントロールはできるらしい。
でも、素の状態だと、そんな設定項目は無い・・・
で、最新のドライバをダウンロードしがてら、NVIDIAのサイトを回ってみると、「nTune」という、どうもそれらしーソフト発見!
早速、インストールしてみると・・・おー!「NVIDIA コントロールパネル」に温度計とかファンコントローラが追加された!

デフォルトは「自動制御」になってるんだけど・・・負荷掛けても回転数「29%」から動いてないっぽい。
「自動」っつーと、高温になると回転数上げるイメージなんですが、「自動」的に「29%」ってコトなのかい!?
むー、なんか看板にイツワリありじゃないか?w

まぁ、仕様は分かったので、対策としては、手動で回転数を調整するしかありませんね。
とりあえず、ちょっとずつ上げてみた感想としては

  • 40%まで・・・音はあまり変わらず静かなまま。
  • 45%・・・すこーし音が目立ってくる。
  • 50%・・・かなり違和感ありな状態。
  • 60%以上・・・これなんてドライヤー?掃除機?

んー、ゲームとかしない状態なら、デフォルトでも良さげかな。
「40%」までは音もそんなに目立たないから、最低ラインとしてはそのあたりで。
高負荷なときは・・・ゲーム中はヘッドフォンしてるから、気にならないっちゃー気にならないけど、限度ってもんがあるから、「60%」くらいが限界かなぁ。
それ以上は、ちと音が激しすぎる・・・w

そんな感じでこまめにやってると、アイドル時47℃前後(40%)、高負荷時65℃あたり(50~60%)で推移してくれるので、ちょっとは寿命も延びてくれるかなぁ。
念のため、逝っちゃうことも考慮して、次のグラボのための資金も用意しておこうかしら?w

このグラボ自体、安くて高性能!がウリだから、この程度の手間が掛かるのは致し方ないかなぁ。
ま、これもひとつの楽しみってコトで!

関連記事

  1. 2008.02.26

    衝撃、走る。
  2. 2009.08.25

    Raid 解除;;

コメントをお待ちしております